必要以上の従業員を雇わない

人件費の負担は大きい

会社に勤めている場合は一人の社員として自分の仕事をやるのみですが、自営業の場合は経営者として製品の開発やサービスの提供だけではなく、事務や管理の仕事までやらなければなりません。厳しい状況からのスタートとなりますが、ビジネスが軌道に乗れば収入は多くなり、豊かな生活を送れるようになるでしょう。また、最初は一人だったとしても、金銭面で余裕ができた場合は従業員を雇う選択肢も出てきます。担当していた仕事の一部を従業員にやってもらうことができれば負担は減りますし、他の仕事に費やす時間も作れます。ただ、雇う人数が多くなると、毎月の給料や年に数回のボーナスなど、人件費の負担が大きくなるので、必要以上に採用しないことが大事です。

最小限の従業員数を心掛けよう

従業員数が多ければ、それだけたくさんの仕事を任せられます。しかし、人件費の負担が大きくなってしまうと経費にかかるお金が増え、結果的に利益を減らしてしまいます。利益を人件費で大きく削られないようにするためには、最小限の従業員数を心掛けるべきです。従業員1人当たりの仕事量は多くなりますが、常に効率化を検討したり、自分で担当する仕事を増やしたりすることによって、人件費を抑制できます。ただ、自分で担当する仕事を増やしすぎると負担が大きくなり、肉体面や精神面に影響を及ぼす場合があります。自営業を継続していくには健康な体と心は必要なので、負担が大きいと感じているなら新しい人材を採用することを検討しましょう。

© Copyright More Franchise Opportunities. All Rights Reserved.